カートに商品はありません。

The KeepCup Story

はじまりは、とあるメルボルンのカフェで生まれた至ってシンプルなアイデアでした:「キープして、また使おう」。アビゲイル・フォーシスとジェイミー・フォーシスがカフェビジネスを始めた1998年、使い捨てカップは公共の風景に馴染み始めていました。

カフェの規模が大きくなると共に、消費され続ける容器のゴミも増え、二人を悩ませました。特にアビゲイルとジェイミーが不安に感じたのが、使い捨てカップです。ポリエチレンというプラスチック素材が含まれているため、リサイクルが難しく、環境に負担を与えてしまうからです。

2007年に再利用可能な既存のスープカップを導入した後、よりコーヒーに特化したカップを自分たちで開発したいと思うようになり、世界初の「バリスタスタンダードカップ」をデザインするに至りました。環境に優しく、美味しいテイクアウトコーヒーを楽しむためのKeepCupは、このようにして誕生しました。

有用性やサステナブルな生産体制、デザインの美しさが、人々の行動の変化を与え、便利な生活に対する考えに一石を投じることができるのか。二人は大きな賭けに出ました。

最初のKeepCupは、メルボルンのコーヒー好きに向けて販売されました。今から約10年前、マイナーで小さなデザインマーケットでのことです。そこから、カフェやコーヒーロースターたちのコミュニティの後押しもあり、再利用を促す動きが活発になりました。 「捨てる」から「再利用する」へ、日々の習慣を変えるきっかけを生み出すこと。そして現状を変えるためにポジティブなキャンペーンを世界へ届けることが、常に私たちのゴールでした。使い捨てカップやそれを取り巻く環境への「解決策」だったKeepCupですが、私たち自身がどんな製品カテゴリーに当てはまるかの定義付けが難しい点で、ある意味「問題」にもなっています。 現在、KeepCupは世界65ヶ国以上で使用されています。ユーザーのおかけで毎日何百万もの使い捨てカップが廃棄を免れ、そして彼らのアクションは他の人にも気付きを与えてくれています。


購入者の多くはKeepCupをきっかけに便利さだけを追求する行動を見直し始めています。 しばらくの間、KeepCupを持ち歩くことは秘密のクラブの一員であるようなものでした。より良い世界のため、熱心に働きかけることへの同意を示しあうようなものだったのです。環境に対するポジティブな姿勢が一般にも受け入れられるようになった今、私たちは言葉と行動をもって、サステナビリティについての対話を続けていく責任があります。 あなたは変化を生み出す人です。あなたの言葉や生き方が、私たちの未来を描いていきます。 あなたの存在に感謝しています。私たちと共に、この活動を素晴らしい方向へと導いていきましょう。

“Many small acts make a phenomenal difference.” - Abigail Forsyth, KeepCup Cofounder and Managing Director

送料は¥200。¥5,000以上のお買い物をされると無料になります。